[PR]

 汗だくになって踊る。ただじっと音を浴びる。普段何をしているのかわからない、そこだけで会う友人ができる。バンドの交代を待つ間、ドリンク片手に大声で馬鹿話をする。ピンと来なかったバンドを、ある日突然好きになる。

 当たり前に楽しんでいたことが、もうすでにノスタルジックな思い出になってしまっている。文化を守ろう!なんて大きな話じゃなく、当たり前の日常を取り戻したい。

 鹿子(かのこ)裕文(ひろふみ)さんの『ブードゥーラウンジ』(ナナロク社)は、福岡・天神にある同名のライブハウスを舞台にした、はみだし者「しか」出てこないノンフィクション。

 他人の評価なんかどうでもいい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら