[PR]

 日本マクドナルド(東京都新宿区)は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が「特定警戒都道府県」とした東京や大阪、愛知、福岡など13都道府県にある約1910店舗で、店内飲食のサービスを中止すると発表した。準備ができた店舗から実施し、5月6日までの予定という。臨時休業中の一部の店舗は除く。

 持ち帰りやドライブスルー、デリバリーは続ける。同社はすでに東京都や神奈川県、大阪府など一部の地域で、午後8時~午前5時は店内での飲食サービスを中止するなどしていた。

 同社はホームページで「お客さま、従業員を始め、すべての皆さまの安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続する」としている。