「まるで犯罪者扱い」 感染者追跡、海外でも広がる波紋

有料会員記事新型コロナウイルス

エルサレム=高野遼、上海=宮嶋加菜子、ベルリン=野島淳 合田禄、嘉幡久敬
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、イスラエルでは、政府が携帯電話の位置情報を集め、濃厚接触者の割り出しに使ってきた。中国政府も交通機関の利用記録などを感染者の行動追跡に活用。欧州各国は日本と同様、スマホのアプリを使った接触者の把握に前向きだが、プライバシー侵害に対する国民の懸念を払拭(ふっしょく)できるかが成否の鍵を握っている。

写真・図版
携帯電話で話しながら歩くマスク姿の男性。イスラエル政府は、全利用者の携帯電話の位置情報を把握しているとされ、新型コロナウイルスの感染者が接触した人の割り出しに使っている=2020年4月2日、エルサレム、高野遼撮影

 イスラエルでは3月中旬以降、人々の携帯電話に突然、政府からこんなショートメッセージが届くようになった。「疫学調査の結果、あなたは○月×日に感染者の近くにいました。隔離に入ってください」

 治安機関が、携帯の位置情報をもとに感染者と過去14日間に濃厚接触した人を割り出し、感染の可能性があることを「警告」するシステムだ。治安機関は全利用者の位置情報を把握しているとみられ、アプリをダウンロードしてもらう必要はない。

 地元紙は、4月上旬までに数万人にメッセージが送られ、感染者1500人が特定されたと伝える。政府は「この方法がなければ、隔離が必要な人の6割は発見できなかった」と評価するが、位置情報の正確さの限界から、感染者と未接触なのにメッセージが届いた人がいるとの指摘もある。

ここから続き

 同国では紛争が絶えず、政府…

この記事は有料会員記事です。残り1722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]