全日本柔道連盟の副会長、専務理事などを歴任し、現講道館理事の松下三郎(まつした・さぶろう)さんが19日、新型コロナウイルスによる肺炎のため、神奈川県内の病院で死去した。84歳だった。松下さんは体調を崩して15日から入院。PCR検査で陽性が確認されていた。

 鹿児島県出身。日大時代に明大の神永昭夫さんの好敵手として活躍。神永さんを破るなどして2度学生王者になった。引退後は、全柔連の初代広報委員長などのほか、日本オリンピック委員会理事、日本ユニバーシアード委員会委員長も務めた。

 柔道界では東京都内の講道館内にある全柔連事務局で、これまでに役員、職員合わせて19人がPCR検査で陽性反応を示している。

拡大する写真・図版元全日本柔道連盟副会長の松下三郎さん=2019年5月

山下泰裕、井上康生らの留学の道作る

 新型コロナウイルスに感染して19日に84歳で亡くなった松下三郎さんは、日大時代は豪快な投げ技で「時代を担う」と嘱望された大器だった。だが、母校の未来を託す指導者に指名され、卒業とともに引退。1958年から語学留学を兼ねてロンドン練修殿師範に就任。欧州で指導に当たった。

 試合実績は2度の学生王座以外…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら