[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、在阪のテレビ局が揺れている。スタジオは「3密の極み」といわれ、収録の見合わせやロケ中止、ドラマの撮影休止も相次ぐ。放送業界としてかつてない対応を迫られている。

 放送開始50年目を迎えたABCテレビの「新婚さんいらっしゃい!」はいま、スタジオ収録を見合わせている。収録済みのストックは19日の放送分までだった。その後は3週続けて総集編を放送する予定で、50年目記念として企画した全国ツアーも一時中止。司会の桂文枝さんらが全国各地に出向いて公開収録を行うイベントで、番組プロデューサーは「顔見せ興行のようなもの。無観客では意味がない」と話す。

 番組の要となる出場夫婦のオーディションも休止中。集団面接形式で感染の恐れがあるからだ。今後、収録を再開できても「しばらくは厳しい状況。ギリギリの状態です」。

 関西テレビの「よ~いドン!」も苦境に立つ。「となりの人間国宝さん」など街歩きロケがメインの名物番組だが、ロケは当面休止。しばらくは収録済みの過去の映像で乗り切るが、その後は「知恵を絞っている最中」。同社のバラエティー番組「関ジャニ∞のジャニ勉」も収録を控えている。東京などから出演者を集めるのが難しいという。

 「やすとものどこいこ!?」(テレビ大阪)も5月6日までロケ、収録を中止。4月の放送分は収録済みだが、5月以降は総集編などを放送して当面は乗り切ることを検討している。

 収録の蓄えがない新番組はさら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら