[PR]

 シャープは20日、三重県の自社工場で製造したマスクを21日午前10時からネットで販売すると発表した。1箱50枚入りで税抜き2980円。送料が全国一律660円かかる。当面は1日あたり3千箱を販売する。生産体制が整い次第、1万箱に増やす方針だという。

 一般的な使い捨てマスクと同じ不織布を用い、シャープのロゴが付いている。1人1箱限定で、1度買うと3日間は再購入できない。注文後2~7日で届くという。専用サイト(https://cocorolife.jp.sharp/mask/別ウインドウで開きます)で注文を受け付ける。

 シャープは政府の要請を受けてマスクの生産に乗り出した。液晶パネルをつくる三重工場(三重県多気町)のクリーンルームに設備を入れ、3月24日に稼働した。これまでは政府向けに出荷してきた。現在の生産能力は1日あたり15万枚だが、50万枚まで引き上げることを目指すという。

 パナソニックも5月末から、岡山県の工場でマスクの生産を始める。1日10万枚前後をつくり、主に社員や医療機関に配る方針だ。(森田岳穂)