[PR]

 事務機器大手リコーは20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療用フェースシールド(防護マスク)の生産に乗り出したと発表した。5月末までに計8千個をつくり、国内の医療機関に無償で提供する。

 厚木事業所(神奈川県)にある3Dプリンターを使い、頭部に装着するプラスチック製のバンド部分をつくる。サイズを調整するゴムなど一部の部品は外注し、組み立てて生産するという。4月中に1千個、5月には金型も使って7千個をつくる予定だ。

 フェースシールドは医療現場で不足している。異業種の企業では、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダなども生産に乗り出している。(小出大貴)