拡大する写真・図版自作のフェースガードを装着するANAの地上職員=2020年4月17日、羽田空港、西畑志朗撮影

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、羽田空港で勤務する全日空(ANA)の地上職員らが通常業務の合間にフェースガードを手作りしている。

拡大する写真・図版自作のフェースガードを装着するANAの地上職員=2020年4月17日、羽田空港、西畑志朗撮影

 透明なA4サイズのカードケースなどが材料。国際線の搭乗口や、国内線保安検査場に設置のサーモグラフィーによる体温測定で37・5度以上あった人の応対を担当する職員などが使用するという。(西畑志朗

拡大する写真・図版通常業務の合間にフェースガードを作るANAの地上職員ら=2020年4月17日、羽田空港、西畑志朗撮影

拡大する写真・図版自作のフェースガードを装着するANAの地上職員=2020年4月17日、羽田空港、西畑志朗撮影