[PR]

 多くの球児にとって「冬の成果」を知る機会だった春季大会が、全国各地で中止になっている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県大会が20日に中止を発表。これで、全国9地区の地区大会すべてと46の都道府県大会が開幕前に取りやめとなった。

 2月27日、東京都大会の1次予選中止が決定。3月11日に第92回選抜高校野球大会の開催が断念されると、延期や無観客試合などの対応を検討する地域が増えた。4月に入ると、休校の延長や感染状況の悪化の影響により、各地で中止決定が相次いだ。

 全国で唯一の実施となったのは沖縄県大会。3月25日に無観客試合で開幕したものの、準決勝以降が打ち切りとなった。