[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、交流戦が中止となったプロ野球。見る楽しみを失ったのは、試合だけではない。交流戦の時期に毎年恒例となっていた、あの「名物ポスター」も今年は制作されないことが決まったのだ。

 「その読み、的外れやのぉ~。」(2019年、阪神戦)

拡大する写真・図版昨年、「その読み、的外れやのぉ~」と、矢野監督率いる阪神をだじゃれで“挑発”したポスター=ロッテ球団提供

 「どん底へ、いって鯉(こい)。」(同年、広島戦)

拡大する写真・図版昨年、「どん底へ、いって鯉(こい)。」と広島を“挑発”したポスター=ロッテ球団提供

 「負けないよーだ。」(同年、中日戦)

拡大する写真・図版昨年、「負けないよーだ。」と与田監督率いる中日を“挑発”したポスター=ロッテ球団提供

 どこか憎めないキャッチコピーで、セ・リーグの球団や監督をチクリと“挑発”するのがロッテの交流戦のポスターだった。交流戦が導入された2005年に始まり、09年に一時休止したものの、13年から再開。漫画家や地元プロレス団体らと協力するなどして、ファンの間では「名物企画」として定着しつつあった。

拡大する写真・図版カープ女子を引き合いに広島を“挑発”したポスター(2015年、ロッテ球団提供)

 その制作は、時に大がかりだと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。