[PR]

 新型コロナウイルスが世界に広がると同時に、ウイルスをめぐる根拠のない情報も蔓延(まんえん)している。ウイルスの発生源をめぐっても様々な言説が取りざたされ、米国の世論調査では国民の約3割が「ウイルスは人造」と考えていた。米政府はうわさを検証するためのサイトも立ち上げた。

 米世論調査機関ピュー・リサーチセンターは今月、18歳以上の米国人を対象に調べた結果、43%がウイルスは「自然発生した」と答えた一方、23%は「意図的に作られた」、6%が「偶然作られた」と答え、計29%が実験室で人為的に作られたと考えていたと公表した。18~29歳と若い世代では35%が人造説と高く、65歳以上は21%だった。また、共和党支持者は人造説が37%で、民主党支持者の21%を上回った。

 ウイルスの起源はまだ確定されていないが、中国などの研究者は「ゲノム配列の解析により、コウモリが持つコロナウイルスの配列と96%が同じだった」としている。日本の厚生労働省のホームページでも、コウモリ由来のSARS(重症急性呼吸器症候群)に似ていることを挙げ、「コウモリが新型ウイルスの起源となった可能性が考えられている」としている。

 ただ、ウイルスがどうやってヒトに感染したのかなど、不明な点は多い。最初に感染が確認された中国・武漢では当初、市内の海鮮市場を中心に多くの感染者が出た。一方、周辺には「中国科学院武漢ウイルス研究所」があり、コウモリのコロナウイルスについての研究が行われていたことから、ウイルスがここから流出したのでは、という説も出た。

 米国で保守派に人気のFOXニュースのキャスターらは「研究所から流出」の説を後押ししており、米メディアによるとトランプ政権の中でも注目されているという。ただ、研究者の間では新型コロナウイルスは自然発生したというのが定説になっており、人為的に作られたという証拠は見つかっていない。

 より根拠のない、「陰謀論」も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら