[PR]

 コメダ珈琲店を運営するコメダ(名古屋市)は、常連客らがオンライン上で交流できるファンサイトを開いた。サイトでは看板デザート「シロノワール」を自宅で再現する方法を披露しあう企画などで盛り上がっている。外出自粛が広がる中、店の雰囲気をどこにいても楽しんでもらい、常連客とのつながりに力を入れる。

 サイトは「さんかく屋根の下」(https://komeda-sankaku.com/別ウインドウで開きます)。コメダの店舗の特徴である山小屋風の三角屋根の下で、くつろいで気軽に楽しめるようにとの思いから名づけた。無料で会員登録できる。3月31日に開設し、会員数は今月20日までに8千人を超えた。サイトでは、新作メニューについて参加者同士で意見をやりとりしたり、限定公開されている記事を読んだりできる。

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がるなか、店にくることを控える人たちにも、コメダとのつながりを感じて楽しんでもらおうという取り組みも始めた。

 シロノワールを自宅で再現する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら