[PR]

 神奈川県綾瀬市の中小企業が、新型コロナウイルスの感染拡大で品薄状態が続くマスクを、3Dプリンターで作る試みを始めた。試作品を提供された市は、職員が実際に着用して使用感を試す実証実験を開始。企業側は「ニーズがあれば、いずれ医療機関に提供したい」としている。

 マスクを作ったのは、自動車部品の検査治具を製作する「KYOEI(キョーエイ)」。高崎将二社長(47)と従業員が、自社製品の製造過程で使っている高性能の3Dプリンターでマスクを作れないかと考え、インターネット上に無償で公開されているマスクの3次元データをもとに試作品を完成させた。

 ナイロン粉末を材料に作られたマスクは厚さ1ミリ。軽くて強靱(きょうじん)という。中央部分に通気用の小さな穴があり、洗えば再利用可能。内側に布や紙をはり付けて使用する。大きめの男性用、小さめの女性用、子ども用の3サイズを作った。

 同社が市に使い道などを相談し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら