[PR]

 千葉県習志野市在住のプロのフルート奏者、林愛実(あいみ)さん(29)が自らの不登校経験を生かし、似た悩みを持つ子どもたちへの支援活動を続けている。活動を知ってもらおうと昨年、外見的な美しさだけではなく社会貢献の志も問われる「ミス・ワールド日本大会」に出場。審査員特別賞を受賞した。

 林さんは小学2年生のとき、腎炎などの病気で長期入院。4年生で退院したが、「運動はできないし、勉強も遅れているし、同級生にすごく劣等感があった」。朝、校門まで行っても、学校に入れず泣きながら家に戻る日々が続いたという。

 心の支えになったのが音楽だ。入院中に通った養護学校で習ったリコーダーに熱中。CMで流れる曲やスタジオジブリの映画の主題歌などを聞き、再現できるまでの試行錯誤を楽しんだ。「笛を吹くプロになりたい」という夢を持ち、退院後にフルートを始めた。

 小学5年生の時、老人ホームで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら