[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援策として、全国民へ一律10万円が給付されることになった。千葉県民はどう受け止めたのか。ツイッター上のつぶやきや街の受け止めを探ると、「助かる」と歓迎する一方、「国の借金は多く、怖い」という不安の声も漏れた。

 朝日新聞社が分析システムで「10万円」「給付」という言葉を使って県内発でつぶやかれたとされるツイッター投稿を調べたところ、安倍晋三首相が表明した16日から19日までの4日間に2236件あった。システムからみえるネット世論では、否定的とみられるものが34%、肯定的が6%だった。

 「期待していなかっただけに嬉(うれ)しい!」と歓迎する一方、「給付はうれしいけど、休業で困っている人、危険の中で頑張っている人を支援してほしいな」「後手後手だな。医療機関の診療報酬を加算させた方が理にかなっている」「一回こっきりでは到底補償が足りてるとは言えません」と給付の対象者や効果を疑問視する声もあった。

 給付は決まったが、どう配るか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら