[PR]

 イタリア政府は20日、国内の新型コロナウイルスの同日現在の感染者が10万8237人となり、前日より20人減った、と発表した。同国の「日ごとの感染者数」が前日より減るのは、集団感染が確認された2月下旬以降、初めて。

 発表によると、20日に新たに国内で確認された新規感染者は2256人。これに対し、回復した人は1822人、死者は454人で、計2276人だった。回復者と死者の増加の合計が新規の感染者数を初めて上回ったため、日ごとの感染者数が減少する形となった。累計では感染者が18万1228人、回復者が4万8877人、死者が2万4114人という。

 集中治療室にいる人は2573人で、今月4日以来、減り続けている。感染拡大のピークを過ぎたことを受け、政府は外出禁止令の期限となっている5月3日以降について、規制の段階的な緩和を検討している。(ローマ=河原田慎一)