拡大する写真・図版ロイヤルリムジンの金子健作社長との団体交渉にウェブ会議システムを通じて臨む、グループ会社の運転手ら=東京都の日本労働評議会、藤えりか撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの影響による業績悪化を理由に、全乗務員約600人に退職合意を迫っていたタクシー会社ロイヤルリムジン(東京都江東区)が20日、運転手の一部が加盟する労働組合「日本労働評議会」の団体交渉に応じた。組合側によると、同社の金子健作社長は退職合意書に署名していない4人の労働者としての地位確認には応じたが、3月分の賃金の支払いを確約する書面への署名は拒んだという。

 団交は金子社長と、グループ会社「ロイヤルリムジン東京」(同中央区)に勤める運転手4人が相対とウェブ会議システムで臨み、約2時間半に及んだ。4人は、いずれも退職合意書には署名しておらず、①労働者としての地位確認②3月の未払い賃金の支払い③賃金債権の確認書面への署名・押印④財務諸表の提出――を求めた。

拡大する写真・図版ロイヤルリムジン本社=東京都江東区、吉田貴司撮影

 労評によると、金子社長は①は認めた。②も「4人で寮費などを引いて95万5478円の未払い賃金」があることは認めたものの、「売上高が2月25%減、3月は50%減、4月は80%減」「会社は閉めたい」「融資も受けられずお金がない」と主張。「お金ができ次第」支払うなどの意思は示したものの、日付などは確約しなかったという。

拡大する写真・図版ロイヤルリムジン本社近くの車庫にはたくさんのタクシーが並ぶ=東京都江東区、吉田貴司撮影

 会社側は4人以外にも未払い賃金がある可能性も示している。次回の団交で議論する。団交に臨んだ運転手の男性(49)は「あまりにも誠意がなくてびっくりした」と話した。(藤えりか

拡大する写真・図版ロイヤルリムジンのタクシー=東京都江東区、吉田貴司撮影