電子部品大手オムロンの名誉顧問で元社長の立石義雄(たていし・よしお)さんが21日、亡くなった。80歳だった。新型コロナウイルスに感染し、5日から入院していた。3月に約13年務めた京都商工会議所の会頭を退任したばかりだった。

 立石さんは4月2日に発熱し、5日に医療機関を受診したところ肺炎が確認された。6日に新型コロナの陽性が判明した。

 立石さんは3月24日の京商の通常議員総会に出席し、会頭職を後任のワコールホールディングス会長の塚本能交(よしかた)副会頭に託した。最後の会見では、自ら提唱した京都の伝統と先端技術を融合させる「知恵産業」に触れ、「未来への道筋をつけることができた。万感の思いだ」と語っていた。

 旧立石電機(現オムロン)を創…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら