[PR]

 内閣府の有識者検討会は21日、北海道から東北北部の太平洋沖で過去最大級の地震が発生すれば、最大30メートル近くの津波高になるとの推計結果を公表した。岩手県宮古市で最大29・7メートル、北海道えりも町で同27・9メートルなどとされた。岩手県北部の一部は、東日本大震災を超す津波高になるという。

 推計したのは「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」(座長=佐竹健治・東京大学地震研究所教授)。北海道と東日本の太平洋沖にのびる千島海溝と日本海溝で、マグニチュード9以上の過去最大クラスの地震が起きたと想定。最大津波高や浸水域、震度分布を予測した。

 千島海溝の地震では、北海道厚岸(あっけし)町と浜中町で震度7を記録し、東南部の沿岸各地での最大津波高は20メートル超とされた。日本海溝北側の地震では、青森県や岩手県南部の太平洋沿岸で震度6強に。津波高は青森県八戸市で26・1メートルなど東北各地で10~20メートル超とした。

 内閣府は、岩手県以外の6道県の浸水域予測図をホームページで公開する。岩手県については、「住民の混乱を招く懸念があるとして、県から非公表を要請された」と説明している。推計結果をもとに被害想定や防災対策などを今年度中にとりまとめる。(山岸玲)