【動画】男が立てこもったうなぎ料理店 福岡=堀英治撮影
[PR]

 21日午前8時半ごろ、福岡市南区大橋1丁目のうなぎ料理店「うなぎの黒田屋」の店舗兼住宅内に「包丁を持った男が入ってきた」と30代の男性店主が110番通報した。男は30代の元従業員で、店主の娘2人を人質に包丁のようなものを持って店内に立てこもっている。けが人はいない。福岡県警がドア越しに男の説得を試みている。

 捜査関係者によると、女児は6歳と3歳の姉妹で、男は店主に会わせるよう要求しているという。県警によると、店は開店準備中だったとみられ、店主は現在店外にいるという。

 男から午前10時ごろに連絡を受けたという男の知人によると、男は「店長にいらつき殴った。娘を人質にとって3階にいる」と説明。数カ月前にこの店で働き始めたが、店主とトラブルになり数日前に解雇されたという。「店長が来たら(女児を)解放する」と話したという。

 現場はJR博多駅の南約4キロにある西鉄大橋駅前で、飲食店や商店などが立ち並ぶ一角。男が立てこもる店の周辺はブルーシートで覆われ、警察官らが行き交い騒然としていた。

 近くの保育園の女性園長によると、市役所から事件発生の連絡があり、園庭で遊んでいた子どもたちを室内に入れたという。「子どもたちは部屋の中で落ち着いています。人質になっているお子さんがとても心配」と語った。

 近くの会社に勤める男性(55)は、午前8時半過ぎにパトカーのサイレンが聞こえて外に出ると、機動隊員らが防具をつけていたという。「事件だと思った。叫び声などは聞こえなかった」と振り返った。

 近くで働く30代の男性は「落ち着いた街で、こんな事件が起きるなんて」と驚いていた。