拡大する写真・図版自宅で授業を受ける井上さん。教諭は好きな和菓子の画像を見せて解説し、休校中に一つのことから知識を広げることを呼びかけた=4月7日午前9時半ごろ、横浜市

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大により、全国各地の小中高校などで休校が長引いている。子どもたちの学習をどう担保するのか。活路の一つとして注目されるのが、欧米や中国で「日常」となりつつあるオンライン授業だ。国内で模索する先進事例をみた。

 「出席を取ります。名前を呼ばれたら、チャットで『はい』と書いて送って。その記録で出席とします」

拡大する写真・図版画面の中の先生の問いに、手を挙げて返事する井上夢音さん

 国が、7都府県に緊急事態宣言を出した今月7日の朝8時すぎ。横浜市の自宅リビングで、井上夢音(ゆうと)さん(15)は制服を着てiPadの前に座った。画面の中で話すのは新担任。新しいクラスメートの顔も画面上に並ぶ。通っている静岡聖光学院中学・高校(静岡県)ではこの日、「オンライン始業式」が行われた。

 式典では学院長と校長の動画メッセージが流れ、学年全員同じ「部屋」に入って「オンライン学年集会」に。各教科の担当教師が画面上であいさつする。「そんなに見つめないで」という教師の言葉に笑いが起きる。翌日からのオンライン授業に向け、準備するものが伝えられると「うわっ、それもう捨てたよ」と生徒。数人ずつの「オンライン面談」や「オンラインランチ」もするという。

 首都圏の生徒が約2割で寮もある同校では、2年前から中2以上の全員にiPadを配布。一斉休校となった3月初めは、朝と午後に「オンラインホームルーム」をし、授業動画や課題を配信し、オンラインで提出させた。

 だが、学力の担保には通常授業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら