拡大する写真・図版入港待ちで停泊する石油タンカー=2020年4月20日、米フロリダ州沖、AFP時事

[PR]

 週明け20日の米ニューヨーク商業取引所で、原油価格の指標となる米国産WTI原油の先物価格(5月物)が1バレル=マイナス37・63ドルで取引を終えた。原油価格がマイナスに陥ったのは史上初めて。新型コロナウイルス対策で世界経済が停滞し、エネルギー需要が急減。余った原油で貯蔵タンクが満杯に近づいており、買い手がいなくなった。

 前週末の終値(1バレル=18・27ドル)からは55・90ドル幅もの歴史的な急落となる。取引時間中には一時、1バレル=マイナス40ドル超まで下がった。マイナス価格は、原油の売り手が、買い手にお金を払って引き取ってもらうことを意味する。

 WTI先物は、将来のある時点で受け渡す原油について、量と価格をあらかじめ決めておく取引。実際に現物を受け渡す場所がある米南部オクラホマ州では、原油余りのため、貯蔵タンクやパイプラインが5月中にも満杯になるとみられている。海上のタンカーなどを含め、原油を保管してもらう料金が跳ね上がっている。

拡大する写真・図版停泊する石油タンカー=2017年8月、米ルイジアナ州沖、ロイター

 5月に現物の受け渡しがある「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら