[PR]

 新型コロナウイルスの影響で幼稚園に通えない子どもが増える中、都内の知育アプリ事業会社が、園がオンライン動画を配信できるサービスを無料で提供し始めた。埼玉県内の幼稚園では16日から、このサービスを使って動画配信を開始。先生たちのお遊戯などの映像が、園児の家庭のスマートフォンに届けられた。

 「花に水をあげるのは、こぐまちゃんのしごとです」。幼稚園教諭が絵本をめくり優しく読み上げる先は、iPadのカメラだ。撮影が終わると、その場で「これ今アップしますね」。数分後、専用サイトに動画が載った。専用サイトにパスワードを入力すると、すぐに家庭で視聴できる仕組みだ。

 このサービスは東京の知育アプリ事業会社「スマートエデュケーション」が開発した「おうちえん」。園単位で申し込みを募り、新型コロナの影響が落ち着くまで無料で利用できるようにした。同社の池谷大吾社長(44)は「今は録画配信の一方通行だが、将来的には先生と双方向でやり取りできる展開も考えている」と話す。全国では5月から本格稼働予定という。

 埼玉県志木市の足立みどり幼稚…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら