[PR]

 このコラムの題名は「近藤幸夫の山へ行こう」ですが、今回はあえて言います。「山へ行かないでください!」

拡大する写真・図版例年の大型連休中、色とりどりのテントでにぎわう穂高連峰の登山基地・涸沢=2019年5月4日、北アルプス・涸沢、近藤幸夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大により、大型連休から本格的な登山シーズンを迎える北アルプスの山小屋が、連休最終日の5月6日まで宿泊営業を休止することになりました。感染状況によっては期間延長を検討するそうです。このほか、八ケ岳や尾瀬など全国的に山小屋の営業休止の動きが広がっています。日本山岳会などの山岳4団体や日本登山医学会は登山の自粛を呼びかけています。

 槍(やり)・穂高連峰など北アルプス南部の山小屋でつくる「北アルプス山小屋友交会」は、大型連休から営業予定だった槍ケ岳山荘や穂高岳山荘、涸沢(からさわ)ヒュッテなど13施設の営業の休止を決めました。政府が東京など7都府県に出した緊急事態宣言が全国に広がったことなどを受け、足並みをそろえて対応することにしました。白馬山荘など北アルプス北部の山小屋も営業休止を決めました。山小屋に隣接するキャンプ場の使用もできなくすることにしました。

拡大する写真・図版大型連休中、大勢の登山者が憩う涸沢(からさわ)ヒュッテの展望テラス=2019年5月4日午後11時43分、北アルプス・涸沢、近藤幸夫撮影

 4、5月の北アルプスの稜線(りょうせん)は雪深く、天候次第では冬山と変わらない状況になります。朝晩の厳しい寒さに対応するため、防寒対策を施した山小屋は基本的に密閉空間となります。水は雪を溶かして作るため、感染予防の手洗いに必要な量を確保することも難しいのです。

 山小屋は、電気や水道など自前で生活システムを備えているため、居住スペースが限られ、宿泊客は相部屋で過ごすことになります。宿泊客が多い場合、食堂では2回、3回と入れ替え制が実施され、加えて隣の席とのスペースは狭くなります。まさに「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の「3密」のそろい踏みとなります。

拡大する写真・図版涸沢ヒュッテの食堂で安全登山の呼びかけをする長野県警山岳救助隊員。例年、大型連休中は大勢の登山者で混雑する=2019年5月3日午後6時7分、北アルプス・涸沢、近藤幸夫撮影

 「北アルプスの山小屋は国立公…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら