[PR]

 新型コロナウイルスの治療現場で不足している顔を覆う器具「フェースシールド」を大量生産する資金を募るクラウドファンディングを、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一教授らが立ち上げた。資金500万円を募り、医療機関に10万個を無償で提供する。

 中島教授らは3月、世界的な眼鏡フレームメーカーのシャルマン(福井県鯖江市)とフェースシールドを開発した。3Dプリンターでフレームをつくり、文具のクリアファイルをホチキスなどでとめるという簡単な構造だ。

 フレーム部分は除菌、洗浄すれば複数回使える。ファイルの曇りが気になるときには、クリアファイルの下部を切り取れば、通気性がよくなる。費用は100円から300円程度という。

 4月から3Dプリンターのデータ(http://www.project-engine.org別ウインドウで開きます)を無料公開すると、SNS上で拡散され、草の根運動的に全国に広がった。3Dプリンターを持つ市民が手作りのフェースシールドを医療機関に持ち込むことも少なくないという。

 ただ、3Dプリンターだと、一つのフレームの作製に2時間程度かかるため、量産するためにクラウドファンディングを設けた。計画では、2種類の金型をつくり、甲子化学工業(大阪府東大阪市)、工販(神戸市)が製造する。

 22日時点の寄付は、目標の3倍以上が集まっており、医療現場への共感が広がっている。