[PR]

 ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(たすく)・京都大特別教授が朝日新聞などの取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためには、「PCR検査を早急に1日1万件以上やらないといけない。テントでもドライブスルーでもどんどんやるべきだ」と指摘した。

 本庶さんは「3月半ばから、このままでは米国のようになりかねないと思った」と危惧し、研究室のウェブサイト(http://www2.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/別ウインドウで開きます)でも提言をしている。検査数を増やすことで、「実際の感染者数が分かり、今は2%程度の致死率は1%以下に下がるだろう。致死率を抑えられたら安心感が広がり、出口が見えてくる」と説明する。

■がん治療薬オプジーボ「初期な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら