[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で家にいる人が増える中、ふだんはオフィス街で食事を提供してきた移動販売のフードトラックが、住宅地に営業の場を移し始めている。在宅生活が続く住民にはランチタイムの息抜きに、作る側は落ち込んだ売り上げを取り戻す機会になっている。

 21日、東京・晴海のタワーマンションの足元に、カレー、ローストビーフ弁当、ワッフルと、3台のフードトラックが距離をとりつつ並んだ。マスク越しにも食欲をそそる香りが漂う。

 「自分の料理に飽きが来ているし、一日にメリハリをつけるのが難しい。ちょっと外の空気を吸うのに出てきました」。2月末から在宅勤務という女性客(53)はそう話す。男性客(72)は「縁日を思い出すね」。ただ、縁日と違ってにぎわいの場にするわけにはいかない。トラックには手の消毒液が置かれ「1家族につき並ぶのは1人」「3歩離れて並ぶ」などお願い書きもされている。

 「近くのショッピングセンター…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら