[PR]

無所属・江田憲司衆院議員(発言録)

 安倍(晋三)さん、やっとこさ「10万円一律給付」だ。こういうのを「戦力の逐次投入」と言う。「危機管理」では最もとってはいけない手法だ。「後手後手」だ。

 安倍さんはもう民主党政権のことを、二度と「悪夢のような」とは言えないんじゃないか。あの大震災の時、安倍政権だったら、と思うとゾッとする。私は(当時はみんなの党所属)「あの民主党政権」とはまったくかかわりのない政治家だから、何も弁護する立場ではない。

 「緊急事態宣言」も遅れに遅れ、やっと出したと思ったら「2週間、外出自粛効果の様子を見る」。宣言したら可能になる法的権限は一切、発動せず、「口先宣言」にとどまる。

 今回は「全国緊急事態宣言」へ。あれほど野党や公明党が訴えてきた「10万円一律給付」への土壇場の方針転換で、多額の印刷費用がかかった補正予算案を廃棄、作り直す。これで、予算案の国会提出が一週間遅れる。

 どの組織も危機の時には「トップリーダー」いかんで組織の浮沈が左右される、一番、その資質がわかる。(21日、自身のメルマガで)