難民150人、ギリシャで集団感染 カメルーンなど出身

新型コロナウイルス

ジュネーブ=吉武祐
[PR]

 国際移住機関(IOM、本部スイス・ジュネーブ)は21日、ギリシャ南西部の海沿いのホテルで集団生活を送る難民申請者ら150人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状が出ている人はおらず、一緒に生活する471人全員が隔離され、地元当局は町全体に15日間の移動制限をかけた。

 集団感染があったのは、ギリシャ南西部ペロポネソス半島のリゾート地ポルトヘリにあるホテル。ここで生活する人を支援するIOMによると、感染者にはホテル従業員とIOM職員が1人ずつ含まれる。

 難民申請者は主にアフリカのカメルーンとコンゴ民主共和国から来た人たち。前の週に最初の感染者が見つかってから急速に広がった。

 ギリシャには、主にトルコを経由して大勢の難民・移民が渡って来る。島嶼(とうしょ)部では一時滞在施設の収容人数を大きく超える難民が押し寄せ、劣悪な環境が問題になっている場所もある。

 ポルトヘリでは、通訳や心理学者を含むIOMの支援チームが活動。ホテルの従業員とともに、欧州連合(EU)からマスクなどの提供を受けている。IOMは「この厳しい時期に、難民申請者が孤独を感じることのないようにする」としている。(ジュネーブ=吉武祐)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]