[PR]

 21日午後2時半ごろ、大阪府摂津市一津屋2丁目の淀川で、ウィンドサーフィンをしていた男性が水面でうつぶせに浮いている遺体を見つけた。守口署員が確認したところ、遺体は成人の女性で、身につけていたリュックとショルダーバッグの中から現金計約325万円が見つかった。府警は司法解剖し、死因や身元を調べる。

 守口署によると、遺体に目立った外傷はなく、死後数日以上とみられる。いずれも黒色のジャケットと長ズボン、スニーカーという姿で、身元を示す所持品は見つかっていない。現金は複数の封筒に小分けにされていたという。リュックには約1キロの石も2個入っていた。