宝塚・宙組のまだ見ぬ舞台へ思い込め 三宅純の楽曲配信

有料会員記事宝塚歌劇団

尾崎希海
[PR]

 新型コロナの影響で、宙(そら)組のTBS赤坂ACTシアター公演「FLYING SAPA(サパ)」(作・演出 上田久美子)は全日程が中止となった。楽曲を手がけた作曲家の三宅純が、提供曲を編集したサウンドトラックを今月16日からデジタル配信。舞台を見ることのかなわなかったファンへの朗報となっている。

 タイトルは「M(●(eに´(鋭アクセント)付き),e)moires(メモワール) du(デュ) Sapa(サパ)」(サパの記憶)。宙組生たちの音声は収録されておらず、けだるげなピアノの音色や、重厚で緊迫感のあるオーケストラなどで構成。まだ見ぬ公演への思いをかき立てる13曲となっている。

 三宅はトランペット奏者とし…

この記事は有料会員記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。