ラーメン屋で倒れた私 コロナ心配せず助けてくれた人へ

有料会員記事新型コロナウイルス

若松真平
[PR]

 ラーメン店で突然意識を失ったものの、居合わせた人たちの介抱で事なきを得た女性がいます。「新型コロナウイルスの心配があるなかで自分も同じように行動できたでしょうか」と振り返る彼女に当時のことを聞きました。

 愛知県豊橋市に住む中学校教員の向井ゆかりさん(49)は3月15日夜、夫と娘と一緒に豊川市にあるラーメン店・三河開化亭豊川店に入りました。店内は当時、入店待ちをしている人もいて混み合っていました。

 「今日はそれほど体を動かしていないから、あんまりおなかがすかないかも」。そう思っていた向井さんでしたが、いざ注文したラーメンがテーブルに置かれると、食欲がわいてきたそうです。

 チャーシューを食べたところで「やっぱり重いかも」と感じ、いったん席を立ってトイレへ。そこから先の記憶は断片的にしかありません。トイレの前で意識を失い、仰向けに倒れていたのです。

 席とトイレが離れていたため、家族はすぐに気づくことができません。そんな中で真っ先に駆け寄ってくれたのが、近くにいた女性客でした。

 「騒ぎに気づいて母のもとに…

この記事は有料会員記事です。残り1813文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]