[PR]

 東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は22日、30代の男性職員1人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。男性が最後に東京都中央区のオフィスに出勤したのは16日で、17日から体調不良で休んでいた。21日に陽性反応が確認された。軽症とみられ、自宅療養中という。

 組織委によると、男性と接触のあった職員も22日から自宅待機となり、男性が勤務していたフロアは閉鎖し、消毒するという。緊急事態宣言が出てから、8割以上の職員を在宅勤務とするなど、感染症対策を実施している。