[PR]

 東京都の小池百合子知事は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛要請の影響でスーパーが混雑していることについて、入店人数の絞り込みや滞在時間の制限など、具体的な対応策を検討していることを明らかにした。

 小池知事は同日朝、報道陣に「スーパーは大変、密な状態に結果としてなっている。入店を何人までにするとか、お待ちになる方々との間隔など、早急に検討している」と語った。

 都が15日に開いた専門家らによる審議会では、スーパーでの入場制限などについて都が検討するよう求める意見が出ていた。

 また、小池知事は21日の都議会で、休業要請に応じていないパチンコ店についても言及。「営業実態を把握し、個別の店舗に対し、直接施設の使用停止の要請を行うなどより強い取り組みを進めていく」と語った。