[PR]

 白亜紀後期の約7千万~6800万年前に生息していたドロマエオサウルス科の肉食恐竜の化石が、米国ニューメキシコ州から見つかった。米ペンシルベニア大などの研究チームが新属新種と判断し、「ナバホ族の戦士」などを意味するディネオベラトル・ノトヘスペルスと名付けて発表した。

拡大する写真・図版水辺にいるディネオベラトル・ノトヘスペルスの想像図(手前)=研究チーム提供

 チームによると、見つかった化石は大腿(だいたい)骨や上腕骨、尾椎(びつい)骨、かぎ爪や歯など、部位が特定できたものだけで20点。2008年に見つかり、解析の結果、体高約1メートル、全長2メートル余りと判断された。体表には羽毛が生えていたとみられる。

拡大する写真・図版ディネオベラトル・ノトヘスペルスの輪郭と骨格のイメージ=研究チーム提供

 手や腕をうまく使って小鳥やトカゲ、さらに恐竜までも襲っていたらしい。スティーブン・ヤシンスキ研究員は「尾の特徴から、機敏で小回りよく獲物を追いかけられたのではないか」と話す。

拡大する写真・図版米国で見つかったかぎ爪(指先)などの骨片(研究チーム提供)

 ドロマエオサウルス科の中でも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら