[PR]

 九州の有明海周辺にすむムツゴロウはそろそろ繁殖期を迎える。雄たちは干潟で雌にアピールするジャンプをしたり、雌をめぐってけんかをしたりと忙しい。そんな姿を写真に収めてきた藤松政晴さん(56)は「ジャンプの前には体をくねくねさせるが、けんかは前ぶれなく始まるので撮影が難しい」と話す。この写真は本紙「声」欄にも掲載された。

拡大する写真・図版雄同士でけんかするムツゴロウ。昨年の「日本の自然」写真コンテスト(全日本写真連盟など主催)で入賞した作品=2018年4月、佐賀県小城市で藤松政晴さん撮影、全日本写真連盟提供

 気性の激しそうな雄たちも、子育てでは優しくけなげだ。干潟に掘った巣穴に雌を誘って産卵を促すが、孵化(ふか)までの約1週間、卵を守るのは雄。長崎大の石松惇名誉教授は「卵は産卵室の天井に産み付けられる。雄は潮が引く度に干潟の表面で新鮮な空気を口にふくみ、室内を空気で満たす。卵は水中でなく空気中で発育する」と説明する。

 一方で孵化のとき、卵は水につ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら