[PR]

 新型コロナウイルスへの対応をめぐる一律10万円の給付に必要な費用などを盛り込んだ今年度補正予算案は、30日に成立する見通しとなった。野党側が22日、早期の採決に応じる方針を与党側に伝えた。政府は5月中の10万円の支給開始をめざす。

 審議入りは27日。衆参の予算委員会の質疑は、祝日を含む28日からの3日間で行われる予定。野党側は予算案審議とは別に、安倍晋三首相が出席する予算委の集中審議の開催を求めており、大型連休明けに開かれる見通しだ。

 与野党はまた、5月6日までの緊急事態宣言の期間が延長される場合、連休中でも政府に国会報告を求めることで大筋合意した。(河合達郎)