[PR]

 新型コロナウイルス対策で愛知県の大村秀章知事は22日、大型連休中に東海道新幹線の名古屋駅で降りた客に検温を求めることを明らかにした。名古屋市内や愛知県内で不要不急の外出や移動自粛を呼びかける狙いもある。

 検温は任意で、29日から5月6日の午前11時~正午、新幹線改札口から出てきた人に、県と名古屋市の職員が非接触型の検温計を使って協力を求める。

 その際、外出自粛を求めるチラシを渡し、発熱している人がいれば症状に応じて医療機関や相談窓口を案内する。大村知事は「一番多くの方が往来する新幹線改札口でやれないか協議し、名古屋市やJR東海が了解した」と話した。(佐々木洋輔、堀川勝元)