[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が、献血にも影響を及ぼしている。4月に入って、県内でも外出自粛や献血バスの派遣を控える事業所などが相次ぎ、会場変更も増えた。県赤十字血液センター(岐阜市)は、大型連休後にも血液不足が懸念されるとして、感染防止対策を徹底し、献血への協力を呼びかけている。

 同センターなどによると、全国で1日平均で3千人が輸血を受けており、献血協力者は1万3千人が必要とされている。

 県内では、岐阜市内に2カ所ある献血センターと献血バス4台で献血を受け付けている。輸血の大半を占める400ミリリットル献血は、献血センター2割に対し、献血バスが8割を占める。

 3月初め、白血病を公表してい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら