[PR]

 佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長(63)が建設会社から100万円とされる現金を受け取っていた問題で、政治資金規正法違反容疑(不記載など)で佐賀地検に告発した市民団体が22日、県庁で記者会見した。

 会見したのは「玄海原発マネーの不正をただす会」(佐賀市)共同代表の4人。玄海町の青木一さん(82)は「受け取った100万円という金額が確かかもわからない。真実をはっきりさせないと町民として情けない」と訴えた。

 また佐賀大名誉教授の染谷孝さんは「町長は県民への説明責任を果たしていない。真相解明のためにも地検が受理して立件、起訴するのを大いに期待している」と話した。

 一方、脇山町長は朝日新聞の取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら