[PR]

 新型コロナウイルスの検査キットの販売を楽天が法人向けに始めたことが、議論を呼んでいる。日本医師会は22日、記者会見で「大きな問題がある。あくまで医師が必要性を認めた場合であるべきだ」と批判した。

 キットは、楽天が出資する遺伝子検査会社のジェネシスヘルスケアが開発した。利用者が綿棒を使ってのどや鼻の奥からぬぐい液(検体)を採り、容器に入れて同社に提出。新型コロナに特徴的な遺伝子配列を増幅させて検出されるか調べるPCR検査の手法を用いる。3日以内で結果がわかるという。

 ただし、陰性か陽性かを判断するものではなく、遺伝子配列が検出されたかどうかが結果として示されるという。風邪などの症状がない人が対象で、検査の実施に医師の判断を必要としない。

 楽天の広報担当者によると、販売対象は出勤せざるをえない職種。医療機関や建設業などの法人から問い合わせがあるという。「症状はないが感染している人が、そうと気づかず、周囲に広げてしまうこともある。安心して働く手がかりになれば」と話す。

 医療機関や保健所で行うPCR検査は、臨床検査技師や医師ら医療従事者が患者の検体を採る。会見で釜萢(かまやち)敏常任理事は、利用者が自分で採る手法について、「検体の採取が不適切なら、結果は信用できない。周囲に感染が拡大する危険もある。対策をとれるのか」と指摘した。検体は、医療者でも自身で採るのは難しいとされる。

 そもそも、医療機関で実施され…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら