[PR]

 休業や営業時間短縮の要請に伴う東京都の協力金の受け付けが22日から始まり、事業者側はさっそく申請に動き出した。

 バーやスナックなど約300軒がひしめく新宿ゴールデン街は、都からの要請や緊急事態宣言を受け、ほとんどの店が休業している。このうち約180軒が所属する新宿三光商店街振興組合は、都が協力金を払うと正式発表した15日から準備をしてきた。店舗の経営者らにプリントを配り、休業を知らせる貼り紙の写真や2019年の確定申告書の控え、20年4月の帳簿など、申請に必要な資料を用意するよう伝えている。

 どの店も家賃の支払いなどで経営は厳しい。組合の理事長で「Barダーリン」店主の石川雄也さん(46)も早めに申請する予定だ。「この状況をみんなで乗り切りたい」

 東京・新橋でも、要請に応じて多くの飲食店が午後8時までに店を閉じている。駅近くのある居酒屋は4月に入り、1日130人ほどいた客が20人ほどに激減した。社員4人の給料や家賃などの固定費が月に100万円以上かかり、協力金を申請する予定という。

営業継続「もらったところで…」

 一方で、午後8時以降も営業を続ける店もある。

 都内で系列5店舗を展開する居…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら