[PR]

 毎年花を咲かせては、大きな実をつけてきた「満(みつる)のミカン」。今年も約100個が採れた。15年前のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で亡くなった長男の満さん(当時37)とともに育ってきた記念の木だ。JR西日本の担当社員らとの間をつなぎ、心通わせる支えとなってきた。

 「今年のミカンはつるつるしてる。きれいに育ったねぇ」

 2月中旬、兵庫県伊丹市に住む斎藤百合子さん(77)は、自宅裏の2本の木を見上げて目を細めた。

 いずれも樹齢約50年。高さは8メートルほどある。百合子さんが見守る前でせっせとミカンをもいだのはJR西の社員たち。毎年恒例の収穫作業だ。ミカンは社員にあげたり、近所の人におすそわけしたりする。

 満さんが3歳の頃、他県から伊丹市に引っ越してきた記念に植えられた。木は一緒にすくすくと大きくなった。

 事故のあった2005年4月25日。満さんは長男の誕生日を翌日に控えていた。百合子さんは電話で「お祝いしようね」と言った。「うん。帰りに寄るわ」。それが最後の会話となった。

 事故直後から遺族担当になった複数の社員が、毎月25日の月命日に訪ねてくる。

 「こんなに実がなってるのにも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら