[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)から発がん性が疑われる有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)を含む泡消火剤が流出した問題で、防衛省などは21日、日米地位協定の環境補足協定に基づく2度目の立ち入り調査をした。外務省によると、米側は在日米軍の調査チームによる調査結果を日本側と共有する、と約束したという。

 立ち入りは初めて沖縄県、宜野湾市との合同で行われた。外務省によると、普天間航空基地のスティール司令官は深く謝罪し、原因究明について日本側と連携していく意向を示したという。

 米側は日本側の立ち会いのもと、泡消火剤の流出経路の3カ所から計24リットルの水を採取した。米側、日本政府、沖縄県がそれぞれ成分を分析し、新たに漏れていないかなどを確認する。

 日本政府関係者によると、日本側は土壌のサンプリング調査も求めているが、米側は不要との認識を示しているという。防衛省は「真相を明らかにするためにも(土壌を含めた)サンプリング調査が必要」としており、米側に働きかけを続ける方針。(北見英城)