[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、結婚式で悩むカップルがいる。延期料やキャンセル料が負担となるが、臨機応変に対応する式場も。中には歩調を合わせる式場も出てきた。

 東京都内に住む女性(28)は、5月末に予定していた式を11月に延期した。「緊急事態宣言が出るまでは、もしかしたらと思っていたが、今となっては」

 1年ほど前から準備を進めていた式。延期はつらい決断だったというが、さらに、お金も問題だった。

 女性は「最初は延期の料金が規定の通りかかるという話だったが、式場の配慮で、招待状などの実費だけで済むことに。悲しい中でもうれしい話だが、プランナーの生活もあるので。しばらくは何も考えたくない」と話した。

93の式場が賛同した宣言

 個別に柔軟な対応をする式場はあったが、式場ごとに対応は異なる状況。そんな中、式場探しサービスの事業を行っている「リクシィ」(本社・東京都中央区)が4月14日、ある宣言を出した。

 それは、新型コロナを理由とす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら