拡大する写真・図版シリコンバレーで外出禁止令が始まった当日の夕方、中心部の道路は閑散としていた=2020年3月17日、カリフォルニア州パロアルト、尾形聡彦撮影

[PR]

 米カリフォルニア州のシリコンバレー一帯に外出禁止令が出たのは、3月17日のことだった。グーグル、アップル、フェイスブックなど巨大IT企業が集積するこの地域は、米経済を牽引(けんいん)する一方、人が集まりすぎて交通渋滞がひどくなっていた。だが現在は、かつての喧噪(けんそう)がうそのように、街は静まりかえり、道路を走る車も少ない。外出禁止令が出されてから1カ月以上がたつ、シリコンバレーの「日常」を報告したい。

700万人に外出禁止令

 「新型コロナウイルスが広がるスピードを鈍らせるため、自宅で避難する人の数を最大化する」

 こんな説明とともに、翌日から不要不急の外出を禁じる「自宅待機令」が、カリフォルニア州サンタクララ郡や、サンフランシスコ郡など6郡670万人に対して発表されたのは3月16日のことだった。私が住むサンタクララ郡は、グーグルの本社があるマウンテンビュー市、HPの本社を置き、スタンフォード大も隣接するパロアルト市などが含まれ、シリコンバレーの真ん中に位置している。

 カリフォルニア州ではこの少し前から、バーやワイナリーの営業を禁じ、多人数の会合をしないよう求める措置が講じられていた。グーグルなどは3月上旬からテレワークを始め、サンフランシスコ市内でも、通りを歩く人は毎日のように減っていた。支局の同僚とも、在宅勤務への移行を申し合わせたばかりだった。

 それでも、700万人近い人に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら