[PR]

 菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養している軽症者や無症状者の人数を把握する考えを示した。埼玉県で、軽症と診断され、自宅で入院を待っていた50代の男性が21日に亡くなったことを受け、情報を集約する必要があると判断した。

 菅氏は会見で、自宅療養者数について問われ、「感染者の状況は厚生労働省が都道府県を通じて把握しているが、自宅で療養している方の数は、現時点では把握をしておらず、今後、把握していく」と話した。

 菅氏は、病院以外の場所で亡くなった感染者数についても、「現時点で把握できていない」として、調べていく考えを示した。