[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が呼びかけられる中、神奈川県は23日、県立湘南海岸公園など県が管理する海岸の入り口などに立ち入りを控えるよう求める看板を設置した。設置範囲は湯河原海岸から三浦海岸までの13市町にまたがる延べ約130キロ。

 外出自粛要請が出ている中、湘南地域などで週末を中心に県内外から大勢の人が訪れているため、鎌倉市や藤沢市など地元11市町の首長らが22日、県に対して海岸エリアの封鎖や利用制限といった人出抑制策をとるよう求めていた。

 この日、設置作業にあたった県砂防海岸課の担当職員は「大型連休も控えている。海岸はリフレッシュする場所だが、過度な密集は避けてほしい」と話した。(伊藤進之介)