[PR]

 群馬県警は23日、幼い男児の頭や腹を殴る暴行を加えたとして、自称販売業武藤一貴容疑者(27)=同県高崎市矢中町=と、男児の母で接客業の土屋聡美容疑者(25)=同市筑縄町=を暴行容疑で逮捕し発表した。2人とも容疑を認めているという。

 男児は22日に市内の医療機関に搬送され、23日午前4時5分ごろ死亡した。硬膜下血腫の疑いがあり、体には新旧のあざが多数あるという。

 県警によると、男児は土屋翔雅(しゅうが)君(4)。武藤容疑者は4月初旬ごろ、自宅で翔雅君の腹を殴った疑い、土屋容疑者は2月下旬ごろに自宅で翔雅君の頭を殴った疑いがある。2人は以前交際していたといい、土屋容疑者の仕事中は武藤容疑者が翔雅君の面倒を見ていたという。

 医療機関から高崎署に、「児童虐待の可能性がある男児が意識不明の重体で搬送された」との通報が22日夕にあり、県警が両容疑者から事情を聴いていた。