俳優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、23日に都内の病院で死去したことがわかった。63歳だった。所属事務所が発表した。通夜・葬儀の日程は未定で、後日お別れ会を開くという。

 所属事務所によると、岡江さんは今月3日に発熱。主治医から「4~5日様子をみるように」と言われたが、6日に容体が急変して緊急入院し、新型コロナウイルスによる肺炎と診断された。集中治療室で人工呼吸器を装着して治療にあたっていたが、23日午前5時20分に亡くなった。昨年末に初期の乳がんのため手術を受け、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。

 岡江さんはテレビ朝日のドラマ「七人の女弁護士」などに出演したほか、TBSの情報番組「はなまるマーケット」の司会などを務めた。

 夫で俳優の大和田獏さんと、長女で俳優の大和田美帆さんは連名で「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です」とのコメントを出した。